HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査

HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査
HOME/ 知っておきたい薄毛の基礎知識/ 自分でできる薄毛対策

自分でできる薄毛対策

ここでは自分ひとりで今すぐに始めることができる薄毛対策について紹介しています。

医者に行く前にできる薄毛対策とは

薄毛が気になり始めたら何らかの対策を講じなければどんどん進行していまいます。当然ながら薄毛治療専門の医療機関に相談するのが一番なのですが、その前に自分でできることも少なからずあります。

遺伝だから仕方がないと考える方もいるかもしれませんが、薄毛の原因は一つだけではなく、様々な要因が重なって起きることが多いのです。何をしてよいかわからないという方は以下のことから始めてみてください。

食生活の改善

薄毛は髪に必要な栄養成分が届かなくなることで起きますので、食生活はとても重要です。欧米型に偏った食事を続けていると脂質が多く、ビタミンやミネラルが不足しがちになるため補給してあげなければなりません。

薄毛予防のためには特にビタミンB群や亜鉛を多く含む食品を摂ることが重要です。ビタミンB群を多く含む食品はレバー、まぐろ、にんにく、しじみやあさりなどの貝類。亜鉛は牡蠣やレバー、納豆、アーモンドなどに含まれます。

ファーストフードやインスタント食品ばかり食べているとこうした栄養成分が不足しますので、心当たりがある場合は意識して食生活を見直すようにするとよいでしょう。

規則正しい生活

これは薄毛対策だけでなく健康を維持するために必要なことです。朝・昼・晩決まった時間にしっかり食事を摂ることも大切ですが、睡眠不足は特に薄毛の大敵です。

昼夜逆転していたり毎日夜更かしばかりしていて睡眠時間が短くなると成長ホルモンが分泌されなくなるからです。

成長ホルモンが分泌される時間は夜22時以降の6~8時間と言われますので、毎日早めの時間に寝て、6時間以上睡眠をとることが薄毛改善の第一歩になります。

ストレスの発散

強いストレスは血流が悪くなって髪の成長の妨げになります。ストレスを溜めないようにとはよく言われますが、現代社会においてストレスゼロの生活をするのは難しいことです。

大切なのは溜まってしまったストレスをいかに発散するかということです。方法は人によって様々あると思いますが、運動をしたり泣いたりするとコルチゾールというストレスホルモンを分解したり体外に出したりすることが知られています。

その他、カラオケなどで大声を出して気持ちいいと感じるとエンドルフィンという脳内物質が放出されストレスが解消すると言われています。

喫煙・飲酒を控える

タバコは百害あって一利なしと言われますが、喫煙は薄毛には悪い影響しかありません。活性酸素を増加して髪を生成するアミノ酸が失われたり、血行が悪くなり髪に栄養が行き渡らなくなるからです。薄毛対策をするためには喫煙は直ちにやめるべきです。

飲酒はタバコほど悪影響はないですが、飲み過ぎるとアルコールが分解されずにアセドアルデヒドが体内に残ります。これが薄毛の原因と言われるDHTを増加させるのでよくありません。したがって量を決めて体の負担にならないよう心がけることが必要です。

TOP