HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査

HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査
名古屋のHARG療法クリニックTOP/ 女性薄毛の対策/ シャンプーの選び方と正しい手順

シャンプーの選び方と正しい手順

シャンプーの選び方

薄毛対策のためのシャンプーを選ぶ際は、シャンプーに含まれている成分に注目しましょう。できるだけ頭皮に優しい成分が含まれているシャンプーを選ぶことが理想的です。

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーは一般的に、アミノ酸系、高級アルコール系、石鹸系の3つのタイプに分かれます。この3つの中でも、もっとも頭皮に優しいものはアミノ酸系になります。高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が強いというメリットがありますが、頭皮への刺激が強いというデメリットがあるのが特徴的です。

石鹸系は、アミノ酸系に続いて頭皮への刺激が少なく、価格が良心的というメリットがあります。

育毛剤などのヘアケア剤を使用している方は、ノンシリコンタイプかどうかもチェックしておきましょう。ノンシリコンシャンプーは、髪に優しいことで知られています。しかし、髪や頭皮をコーディングする特性があるため、ヘアケア剤との相性が悪く、せっかく育毛剤をつけても浸透しにくくなってしまいます。

薄毛対策にお勧めのシャンプーやその効果を紹介

具体的に、一体どんなシャンプーが薄毛対策にお勧めなのか、その効果と共に詳しく紹介していきます。

  • アスタリフト スカルプフォーカス シャンプー/2,160円(税込・約2ヶ月分・通常価格)

    CMでもおなじみの「アスタリフト」のノンシリコンスカルプシャンプーです。アミノ酸系の洗浄成分が含まれていて、弱酸性で頭皮に優しいのが特徴的。

  • マイナチュレ シャンプー/3,440円(税込・約1ヵ月分・通常価格)

    薄毛に悩む女性に人気のマイナチュレシャンプーは、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプー。弱酸性で頭皮に優しく、健康的な頭皮環境を保つ効果が期待できます。


  • チャップアップシャンプー/4,180円(税込・約2ヵ月分・通常価格)

    育毛剤で有名な「チャップアップ」のノンシリコンアミノ酸系シャンプーです。10種のオーガニックエキスを配合。弱酸性で頭皮にも優しく、薄毛対策に効果的。

正しいシャンプーのやり方を紹介

シャンプーは、ただ髪を洗えば良いという訳ではありません。この章では、正しいシャンプーの仕方を詳しく紹介していきます。

  • シャンプー前に頭皮マッサージ
    髪を濡らす前に、まずは3分間ほど頭皮マッサージを行います。指の腹を使って頭皮にゆっくりと指圧したり、頭皮を動かすなどのマッサージを行うと、血行が良くなります。また、毛穴の脂肪分を出す働きもあります。

  • シャンプーは付けずに髪をすすぐ
    シャンプーを付ける前に、手櫛をしながら髪をすすいで頭皮や髪についた汚れを落とします。

  • 泡立てたシャンプーで優しく洗う
    髪をすすいだら、いよいよシャンプーで洗っていきます。シャンプーは髪につける前に、手でたっぷりと泡立ててから使用します。泡を付けていく順番は、うなじから額へ、後ろから前へと泡を広げていきます。泡が頭皮へ行き渡ったら、指の腹を使って優しく洗っていきましょう。すすぐときは、シャンプーの洗い残しがないように注意しながら、しっかりと洗い流しましょう。

  • タオルドライしてからドライヤーで乾かす
    シャンプー後は、タオルで髪を優しく拭いてからドライヤーで乾かします。タオルドライする際は、タオルで髪を擦らないように、押し当てるようなイメージで優しく拭いていきます。ドライヤーは、髪から15㎝ほど離して動かしながら風を当てて乾かします。

薄毛対策に効果的なシャンプーとHARG療法を比較

気軽にできるシャンプーでの薄毛対策と名古屋で受けられるharg療法のメリットやデメリットなどを比較して、分かりやすく紹介していきます。

手法 薄毛対策に効果的なシャンプー HARG療法
施術について ・頭皮マッサージをした後に、シャンプーで優しく髪を洗う ・AAPEパウダーを生理食塩水に溶かし、頭皮に直接注入する
メリット ・手間や時間がかからず手軽に薄毛対策ができる
・費用が安い
・男女問わずに使用できる
・発毛率が高く、治療が終わっても発毛が続く
・自分の髪が生える
・男女問わず治療できる
デメリット ・効果が出るまでに時間がかかる
・効果が出るのには個人差があり、シャンプーだけでは薄毛が改善されない場合もある
・この治療を受けられる医療機関が少ない
・感染症のリスクがある
・費用が高い
効果 ・シャンプーを使い始めてから約3ヶ月ほどで効果が現れる ・治療後、平均3カ月ほどで効果が現れる
その他 ・頭皮の洗いすぎに注意しましょう。 ・抗がん剤治療中は控えた方が良い
TOP