HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査

HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査

女性薄毛の種類

女性の薄毛の種類は多い

女性の薄毛には、男性の薄毛理由とは異なる様々な原因が考えられます。このページでは女性の薄毛の種類について解説していきます。自分の薄毛症状をしっかりと見極め、適切な薄毛対策を行いましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性に最も多く見られる薄毛症状です。髪全体が薄くなり、地肌が透けて見えるようになります。男性型脱毛症(AGA)の女性版と考えられ、女性男性型脱毛症(FAGA)とも言われています。しかし、その症状は男性とは大きく異なります。男性の薄毛症状は、額や頭頂部など部分的に薄くなり、徐々に進行していきます。一方、女性の場合は、髪全体が薄くなっていくので、男性に比べて薄毛が目立ちにくいのが特徴です。しかし、何も対策をしないと、症状が進行する可能性がありますので、薄毛が気になるようでしたら、早めに医療機関に相談しましょう。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがあり、バランスを保ちながら生理周期に合わせ増減を繰り返しています。妊娠すると、それぞれの女性ホルモンが増加。産後、女性の体は一気に女性ホルモンが減少し、バランスが崩れてしまいがちです。ホルモンがアンバランスになると髪の成長サイクルも乱れ、脱毛や薄毛を引き起こします。
出産による脱毛は半年から1年ほどで、女性ホルモンのバランスが整ってくれば、自然と治ります。しかし、高齢出産の場合、回復までに時間がかかり、薄毛が治らないこともあるのです。

妊娠中の薄毛

妊娠中の薄毛の原因

産後の薄毛、分娩後脱毛症についてはご存知の方も多いかと思われますが、出産後だけではなく妊娠中に抜け毛に悩まされる方も多く存在します。妊娠中の抜け毛が特に多く見られる時期は、妊娠初期です。妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増加するため、通常よりも抜け毛の量は減るはずです。

では、なぜ妊娠中でも抜け毛が増えてしまうのでしょうか?原因は、主に2つに分かれます。まずは、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が一気に増加するため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。特に妊娠初期は、ホルモンバランスが変化する時期ですので、多くの妊婦さんが薄毛に悩まされます。

もう一つの原因として、生活習慣や加齢による頭皮環境の乱れが挙げられます。間違った頭皮ケアやヘアケアも頭皮環境が乱れる原因となります。

また、栄養不足や睡眠不足といった生活習慣の乱れやストレスなども女性のヘアサイクルを乱す原因となります。その他、加齢による頭皮の老化現象や血行不良なども女性のヘアサイクルが乱れる原因になります。ヘアサイクルが乱れると、抜け毛の量が増える原因となります。

【参考】 ※1 女性心身医学妊娠と美[PDF]

妊娠中の薄毛の対策方法

妊娠中の抜け毛を減らすまたは止めるには、薄毛を引き起こす原因を見つけ、しっかりと改善することが大切です。妊娠中に抜け毛が増える主な理由は、ホルモンバランスや生活習慣の乱れが原因です。

そのため、薄毛を改善するには、バランスのとれた食事をとり、睡眠不足や栄養不足を改善することが大切です。また、身体の冷えやコリなども、血行不良の原因となり、抜け毛が増えやすくなります。そのため、身体をしっかりと温めて、ストレッチなど適度に体を動かすことも大切です。

間違った頭皮ヘアなどが原因でヘアサイクルが乱れている場合、シャンプーを見直して、頭皮をなるべく清潔に保つことが大切です。これらのケアを行っても薄毛が改善しない場合、harg療法がおすすめです。

harg療法は副作用がなく、妊娠中や授乳中でも安全に治療が受けられます。また、育毛剤などを使用した、育毛ケアも妊娠中の薄毛に効果的です。育毛剤には、毛根に栄養を届けて、血行を促進する効果が期待できます。

妊娠中に注意すべき育毛剤の成分

妊娠中の薄毛の原因がヘアサイクルの乱れだった場合、育毛剤を使うのが効果的です。しかし、妊娠中ですので、どの育毛剤でも使用して良いという訳ではありません。

妊娠中の方の育毛剤選びは、副作用のあり・なしに注意しましょう。ミノキシジル配合の医薬品の育毛剤や薄毛治療で使用されるプロペシアなどは、ホルモンバランスがデリケートな状態である妊娠中や出産後には使用することができません。プロペシアは、胎児への副作用があるため、妊娠中や出産後でなくても女性の使用は不可となっています。

妊娠中の身体は、とてもデリケートな状態ですので、男性用または男女兼用の刺激の強い育毛剤は避けた方が良いでしょう。

妊娠中におすすめの育毛剤は、医薬部外品の無添加の育毛剤です。無添加育毛剤には、防腐剤や石油系界面活性剤など、頭皮や毛髪に悪影響を及ぼす成分が一切含まれていません。

そのため、敏感肌の女性でも安心して使用することができます。無添加育毛剤には、さまざまな種類がありますが、その中でも「妊娠中(産後)に使用可能」と表記されているものがおすすめです。

批糠(ひこう)性脱毛症

批糠(ひこう)性脱毛症は、フケが毛穴をふさいでしまい、髪の成長を妨げてしまうことによって起こる脱毛症です。頭皮に水分が不足すると、皮脂が乾燥してパラパラとした細かいフケになります。特に、乾燥しやすい冬の時期に発生しやすいのが特徴です。
また、普段のシャンプーやヘアケアのし過ぎにより、フケが発生しやすくなることもあります。乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方は、特に注意が必要です。
洗髪は刺激の少ないシャンプーを使い、優しく洗うのがコツです。洗髪後はオイルやローションで保湿し、頭皮に必要な皮脂や水分を維持しましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症は、年齢や性別に関係なく発症します。突然、髪の一部分が円形に脱毛してしまう症状です。豆粒くらいの大きさから500円玉くらいの大きさまで脱毛し、一か所から数か所の脱毛部分ができます。

原因としてよく言われるのが、極度のストレスです。しかし、ストレスと円形脱毛症の関係ははっきりと解明されていないのが現状です。ほかには、発毛周期の異常や、免疫力の低下など、様々な原因が考えられます。

円形脱毛症は、自然に治ることが多い脱毛症です。しかし、脱毛が長期にわたり、治りにくい場合は専門医に相談することをおすすめします。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

女性に多い脱毛症として、長期にわたり髪が強く引っ張られるようなヘアスタイルにより引き起こされる牽引性(けんいんせい)脱毛症があります。額や分け目など、頭皮に負担がかかっている部分を中心に薄毛になっていく症状です。

アップスタイルや編み込みなどは、頭皮にかなりの負担をかけてしまいます。継続的に負担をかけると、毛根が傷つき、脱毛しやすくなるのです。
ヘアスタイルや髪の分け目をときどき変更して、頭皮に負担をかけすぎないようすることが大切です。また、頭皮を優しくマッサージすることで血流を促し、脱毛を予防しましょう。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

皮脂が過剰に分泌されると、頭皮の常在菌であるマセラチア菌が異常繁殖し、頭皮に炎症が起きることで、脱毛を引き起こします。脂漏性(しろうせい)脱毛症と呼ばれ、年齢や性別に関係なく発症する脱毛症です。

皮脂の分泌は男性ホルモンにより活発になりますが、女性も生活習慣の乱れや栄養バランスの崩れにより男性ホルモンが増えることで、皮脂が異常に分泌されることがあります。
毛穴が炎症を起こし、脱毛やかゆみの症状が出たら、早めに専門医に相談しましょう。マセラチア菌を殺菌する外用抗真菌薬や、炎症を鎮める内服薬を処方してくれます。通常、治療を開始してから1ヶ月から1ヶ月半程度で治癒します。

脂漏性脱毛症は、慢性化しやすい脱毛症状です。専門の医療機関を受診すると同時に、洗髪やヘアケアのしかたに気を付けましょう。また、規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけ、再発しないような生活習慣を身に付けることも大切です。

女性の薄毛の傾向

アンチエイジング意識の高まりに伴い、薄毛市場は年々拡大傾向です。ウィッグや育毛剤、ヘアケア製品なども多く発売され、毎年前年度の売上高を上回っています。特に、女性向けの薄毛市場は今後も拡大していくと見られます。

これまで男性向けの市場だった薄毛治療では、女性の薄毛に対する関心の高まりから、今後は女性向けの市場が伸びていくことが予想されます。女性の薄毛対策に特化した治療も多くなり、女性が薄毛対策をしやすい環境になっていく見込みです。

TOP