HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査

HARG療法が受けられる名古屋の薄毛治療クリニックを徹底調査
名古屋のHARG療法クリニックTOP/ 効果や費用で比較!おすすめの薄毛治療法

効果や費用で比較!おすすめの薄毛治療法

ここではおすすめの薄毛治療法についてその治療内容を解説。効果や費用相場なども紹介しています。

薄毛を改善するための治療法比較一覧

薄毛を治療するための方法にはいくつかありますが、名前を聞いたことがあっても違いがよくわからないということがよくあります。

そこで代表的な薄毛治療法をピックアップして効果、費用相場、治療期間、持続力、安全性を比較項目として一覧表にまとめました。

HARG療法

効果 ・頭皮に注入するHARGカクテルに含まれる成長因子がヘアサイクルを正常に
・成長因子と一緒にブレンドされた育毛成分が毛母細胞に栄養を与えて効果を持続させる働きがある
費用相場 1回:80,000円~120,000円
※治療する部位によって変動
治療期間 1クール6ヶ月(3~4週間に1回の施術)
持続力 ・基本的に治療後も効果は持続する
・プロペシア服用やビタミンカクテル注入による定期メンテナンスで最高状態を維持可能
安全性 ・アレルギー物質を含まないため副作用の心配がない
・男女に関係なく薄毛治療が可能

フィナステリド(プロペシア)

効果 男性型脱毛症の発生要因となるDHTを生成する5α-リダクターゼ還元酵素を抑制し、毛乳頭細胞を活性化させて脱毛ストップ
費用相場 1ヶ月:7,000円~15,000円
治療期間 効果を見極めるまでの期間は約6ヶ月で、その後も治療継続
持続力 治療を止めると効果がなくなり、元の状態に戻る
安全性 ・性欲減退や勃起不全などの副作用がある
・男性のみ適応なので女性には使用不可

ミノキシジル

効果 血管拡張作用により毛母細胞が活性化して発毛を促進
費用相場 外用薬:5,000円~7,000円
内服薬:3,000円前後(個人輸入の場合)
治療期間 効果見極めまでの期間は3ヶ月~1年で、その後も治療継続
持続力 治療を止めると効果がなくなり、元の状態に戻る
安全性 ・外用薬では頭皮の痒みやかぶれの副作用がある
・内服薬では低血圧、頭痛、めまい、性欲減退、多毛症の副作用がある

育毛メソセラピー

効果 ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分を直接頭皮に注入することによって高い治療効果を得られる
費用相場 1回:15,000円~70,000円
治療期間 6ヶ月(6~10回の施術)
持続力 成長因子を含まない育毛メソセラピーは治療を止めると効果はなくなり、その後は継続するか治療薬処方に切り替える
安全性 ・全身への影響がなく比較的副作用は少ない
・フィナステリドを含む育毛メソセラピーは女性には適応しない

自毛植毛

効果 側頭部や後頭部の毛髪を脱毛部に移植して定着させ毛髪再生
費用相場 1回:100万円~300万円
治療期間 基本的には1回の手術で完了するが、本数が多い場合は複数回行うこともある
持続力

移植した髪が定着すれば、効果は半永久的でメンテナンスフリー

安全性 ・傷跡が残る
・頭皮の張りやしびれの症状が出ることがある

育毛剤

効果 含有成分によって毛母細胞の活発化や血行促進などの薄毛治療薬と似た効果が期待できるが確実性に乏しい
費用相場 1本:7,000円~12,000円程度
治療期間 使用者の判断によって継続使用するか止めるかを選択
持続力 使用を止めれば効果はなくなり、元の状態に戻る
安全性 主に天然由来成分を配合しているため副作用のリスクは低い

どれを選ぶべき?各治療法を項目別に検証

比較表を見てもわかるように薄毛の治療法は、それぞれ一長一短あります。ここでは項目ごとに各治療法について検証していくことにしましょう。

効果

男性型脱毛症の治療薬として有名なプロペシアやミノキシジルは一定の効果があると考えて間違いありません。特にこれ以上薄毛を進行させたくない場合の現状維持には大変有効です。

自毛植毛は確実性は高いですが、移植する毛髪の本数が限られているため、薄毛がかなり進行しているとすべてをカバーできないという問題があります。

育毛メソセラピーはプロペシアやミノキシジルの治療効果を高めたもので、HARG療法はさらに発毛因子を加える事で育毛効果だけでなく発毛効果が高い治療法と言えます。

育毛剤は頭皮環境を整えるという点では有効ですが、効果に関しては確実性に欠けるのであまり期待できません。

費用相場

単価だけで比較するとプロペシア・ミノキシジルなどの治療薬や育毛剤が安いことがわかります。但し、治療している間はずっと費用がかかり続けることになります。

育毛メソセラピーとHARG療法は治療薬よりは単価が高いですが、回数が決まっているため大きな費用がかかり続けることはありません。

自毛育毛は基本的に1回の手術代だけで済みますが、100万単位の料金がかかるので金銭的な負担はかなり大きくなります。

治療期間・持続力

効果を見極める目安は6ヶ月となっている治療法が多いですが、治療期間がはっきりと定められているのは育毛メソセラピーとHARG療法だけです。HARG療法は治療後も効果が持続し、定期メンテナンスだけで済みます。

プロペシア、ミノキシジル、育毛剤は治療を止めると効果も無くなるので、半永久的に継続治療を行うことになります。

自毛育毛の施術は基本的に1回で済み、その後のメンテナンスも必要ありません。但し、移植した毛髪が定着して安定するまで、経過観察の期間が1年程度あります。

安全性

副作用がないという点ではHARG療法と育毛剤が安全と言えます。プロペシアやミノキシジルなどの治療薬は効果と引き換えに副作用のリスクを抱えることになります。

育毛メソセラピーは副作用のリスクは低くなりますが、基本的には薄毛治療薬と同じ成分を使用するので副作用がないとは言えません。

自毛植毛は薬剤による副作用の心配はありませんが、外科手術を行うため、頭皮を傷つけてしまうというリスクがあります。

以上のことを総合的に考えると、すべての項目で及第点をあげられるのはHARG療法だけと考えられます。副作用もなく、限られた期間での発毛効果、育毛効果も期待できます。費用の面でも、他の薄毛治療法と比べて安く治療できます。

これから本格的に薄毛治療に取り組みたいと考えている方は、HARG療法を検討してみるのがよいのではないでしょうか。

どこのクリニックで受ければよいかという点では、まず日本医療毛髪再生研究会から認定されている医療機関であること。

そして、カウンセリングで症状をしっかり把握してくれて、治療法について丁寧に説明してもらえるクリニックを選ぶことをおすすめします。

育毛・発毛・植毛の違い

薄毛治療は、大きく「育毛」「発毛」「植毛」に分けることができます。どれも同じに思えますが、その意味は異なります。薄毛治療を受ける方は、これらの違いをしっかり理解しておきましょう。違いを理解しておかないと、希望する治療や適切な治療を受けられないことがあるからです。育毛・発毛・植毛にはどのような違いがあるのでしょうか。

育毛とは

育毛は、文字通り「髪の毛を育てる」治療を意味します。ポイントは、今ある髪の毛を対象にしていること。生えている髪の毛を健康に育てることを目的としています。この目的で幅広く使用されているのが市販の育毛剤です。育毛剤の多くは、頭皮環境に働きかけて抜け毛を予防するとともに髪の毛の成長をサポートします。

発毛とは

対する発毛は、「髪の毛を生やす」治療を意味します。ポイントは、抜け落ちた髪の毛を対象にしていること。毛母細胞に働きかけて、抜け落ちた髪の毛が新たに生えてくるサポートをします。この目的で幅広く使用されているのがミノキシジルです。ミノキシジルは、毛母細胞に働きかけることや毛の血流を改善することなどにより、ヘアサイクルの休止期から成長期への移行を促進して発毛をサポートします。

出典:日薬理誌小友進:ミノキシジルの発毛作用について[pdf]

育毛と発毛の違い

育毛と発毛には以上の違いがあります。育毛は「生えている髪の毛」にアプローチする治療、発毛は「抜け落ちた髪の毛」にアプローチする治療であることを覚えておくと良いでしょう。薄くなった髪の毛を取り戻したいと考えている方は、育毛治療ではなく発毛治療を受けることが重要です。

植毛とは

植毛は「頭皮に髪の毛を植える」治療を意味します。具体的には、薄毛が進行した部位に髪の毛を植える治療を植毛といいます。植毛は、移植する髪の毛により人工毛植毛と自毛植毛に分かれます。

人工毛植毛は、合成繊維でできた人工毛を頭皮に植える治療です。希望する本数の髪の毛を植えられる点はメリットですが、異物を植えることになるので拒絶反応を起こすことがあります。また、髪の毛が伸びることや生えかわることはありません。一定の期間が過ぎると抜け落ちてしまいます。トラブルを起こすリスクがあるので、日本皮膚科学会は安全性に関する信頼性の高い根拠が得られるまで行うべきではないと評価しています。

自毛植毛は、AGAの影響を受けやすい頭頂部や前頭部(薄毛が進行した部位)にAGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛を植える治療です。自分の髪の毛を採取して薄毛が進行した部位に植えるので、希望する本数を植えられないことがあります。この点はデメリットですが、人工毛植毛に比べ安全性は高いと考えられています。また、移植した髪の毛が生着すると、抜け落ちても生えかわります。もちろん、他の髪の毛と同じように成長します。日本皮膚科学会は、一定の条件を満たす場合、自毛植毛を行うよう勧めると評価しています。

出典:日本皮膚科学会: 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版[pdf]

自毛植毛が勧められるケース

自毛植毛が勧められるケースとして挙げられるのが、発毛治療(プロペシア・ザガーロなどの内服・ミノキシジルの外用など)の効果を実感できないケースや発毛治療の効果を期待できないケースなどです。これらの条件に当てはまり、十分な経験と技術がある医師が施術を行う場合、自毛植毛を行うことが勧められます。

AGA治療は目的や症状にあわせて選ぶ

育毛・発毛・植毛には以上の違いがあります。どれでも同じと思われがちですが、治療の目的は異なります。薄毛にお悩みの方は、目的や症状にあわせて治療法を選ぶことが重要です。どの治療法を選べばよいかわからない方は、AGAクリニックなどで相談すると良いでしょう。最適な治療法を提案してくれるはずです。

TOP